指導力のある先生を見極める

家庭教師を依頼するのであれば、
指導力のある先生であることが必須条件でしょう。

ですが、どういった先生が指導力のある先生と言えるのでしょうか?

指導力のある先生で思い出すのが、
CMでもおなじみの東進ハイスクールで先生を務めている林先生です。

他にも数々のインパクトのある先生がいました。

指導力がある=派手でカリスマ性があるとイメージする人も多いでしょうが、
実際には意外と地味でもあります。

教えることがうまい先生の特徴としては、「引き出す」ことが上手な人です。

人は自分で気づいて答えがわかったことは記憶に残りやすいと言われています。

そのため、出来る限り教えないことが大切なのです。

授業で飽きないためにも面白さがあると生徒にも人気が出るでしょうが、
考える力を引き出す先生に注目してみることが大切です。

そして、「しつこさ」も重要です。

しつこい人間は嫌われることが多いですが、勉強ではそのしつこさが大切で、
繰り返し、繰り返し覚えさせることで記憶に残すことができるのです。

子供としては「また?」と思うかもしれませんが、
成績を伸ばすためには重要な事項なので家庭でも取り入れてみましょう。

ただし、しつこさは勉強のみで「勉強しなさい」などの押し付け行為とは違うので気を付けてください。

また、常に新しい情報を持っていることも重要です。

入試問題はその年によって違うため、
新しい入試問題の傾向を把握していることで、
子供の目標に合った対策を行うことができるでしょう。

たまごチャレンジの成績保証

今回は、成績保証のあるインターネット家庭教師「たまごチャレンジ」をご紹介します。

最近、ICTの進化が目覚ましく、インターネットを利用した家庭教師指導も増えていますが、実際のところ効果があるのかどうか心配という方も多いのではないでしょうか。

「たまごチャレンジ」では、「たまごチャレンジ」が指定する条件に沿って学習に取り組むという前提で、指定科目について180日以内に定期テストにおいて20点以上上げることを約束しています。

もし、学校成績が上がらなければ、対象科目について+20点以上上がるまで、家庭教師の補習授業を無料で月8コマまで行っているそうです。

対象科目は英語・数学・国語・理科・社会で、
先ず直近の定期テストの問題と答案を提出し、
保証対象となる科目を週2コマ受講します。

10分以上の遅刻、欠席、宿題忘れが対象授業日数の1/4であること、
定期テストの問題・答案を毎回写真はPDFでメール報告することが条件となっています。

では、実際どのようにして成績を上げることができるのでしょうか。

「たまごチャレンジ」では、今やるべき学習項目を小さく設定し、問題の難度を少しずつ上げていく学習方法をとっています。

スモールステップと呼ばれるこの方法は、多くの進学塾などでも採用されている方法で、
「頑張ればできる」という手が届きそうな目標でやる気を出すというものです。

各授業の最後と次回復習時に、「理解しているか・できているか」をチェックした上で、
家庭教師の授業で定着を確認しているということです。

家庭教師選びの注意事項

家庭教師の料金設定には注意が必要です。

安いからといって飛びついて失敗したというような話はよく耳にします。

もちろん、安いから悪い家庭教師だということではありません。

「安すぎる」のは問題ですが、良心的な金額で家庭教師をしてくれる人も多いのです。

では、安くて良い家庭教師を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。

まず、「1コマいくら」には注意が必要です。

家庭教師の値段をホームページにきちんと明記している派遣会社が増えていますが、
具体的な数字をあげていない場合、注意が必要でしょう。

例えば、1コマ30分という派遣会社があります。
1コマ1000円と書かれてあれば、安いなと思いますが、
60分なら2000円なのです。

1回30分の指導が可能であるのなら1コマ1000円と書いて良いでしょうが、
1回の授業が60分以上しか選べないのであれば、「1コマ(30分)1000円」とだけ書くというのはどうでしょう。

ホームページを見た人に隠さず、わかりやすく書いてある派遣センターの方が信頼できるのではないでしょうか。

また、安い理由についても問題です。

例えば、入会金もなく、生徒の月謝は全て指導している先生に渡している、
手数料がかからないから月謝が安いという派遣センターは問題です。

個人の先生が自分自身で指導もし、営業もしているのなら納得できますが、
派遣センターとして、あるいは紹介サイトとして、家庭教師を斡旋しているのであれば、
なんらかの手数料が必要です。

手数料が発生しないのであれば、営業や事務などの業務をしている人の給料はどこから支払うのでしょう。
安いと思っていたら、別途なんらかのお金が発生するといったことも起こるのです。

プレステージの家庭教師がプロの理由

今回は「プレステージ」の家庭教師をご紹介します。

「プレステージ」の家庭教師はプロ講師集団で、
中学受験指導等専門的な指導を得意としています。

その中で大事にしているのが、効率的な指導です。

今の大切な時間を無駄にしないという指導を心がけているそうです。

プロ講師と言うのは、効率的な指導ができる講師です。
例えば、他の講師が3時間かけて理解させるところを10分、20分で理解させる、
魔法を使っているわけではなく、
生徒にとってどんな教え方が理解しやすいかを瞬時に読み取り指導できるのがプロなのです。

プレステージは家庭教師の質には自信があり、指導実績や経験はもちろんのこと、社会的モラルなどの厳しいチェック項目をクリアしたプロの教師陣が授業にあたっているそうです。

また、家庭教師個人のノウハウだけでなく、
プレステージがこれまでに培ってきた数多くの学習メソッドがあることもメリットで、こういったメソッドや指導法などは全ての教師が共有しているということです。

指導に関しては家庭教師という特徴を活かし、
一人ひとりの性格や家庭の価値観・方針に合わせたものになっているそうです。

指導コースは、小学受験・中学受験から医学部受験対策はもちろん、
私立内部進学まで対応しているということです。

また、教務部に専門スタッフがいることもプレステージの特徴です。

密室となる家庭教師指導の中で、
第3者としてサポートができること、
また教育の専門家として、様々な受験情報を提供できることも特徴です。

tos家庭教師センター

今回は、「tos家庭教師センター」の家庭教師指導についてお話しします。

「tos家庭教師センター」は、様々な指導を行っています。

家庭教師といえば勉強を教えてくれる人
というイメージが強いのですが、
「tos」の家庭教師が対応しているのは、教科の指導だけではないのです。

例えば不登校の生徒の指導です。
子供が不登校になった場合、どうして良いかわからなくなってしまいます。

学校に行きたくないからといって勉強しなければ、
他の人より遅れてしまい、ますます勉強ができなくなってしまうでしょう。
tosでは、不登校の生徒に対し、
小学、中学、高校生の授業の補習、復学後の学習フォロー、高校受験対策と進路指導、大学受験対策、心理カウンセリングと学習相談などを行い、不登校から高校受験、大学受験をする生徒もいるそうです。

高校に行けなくなった場合、
「高校卒業認定試験」という方法がありますが、
どこにも通わずに高認に合格するのはなかなか難しいですが、
tosの家庭教師は高校中退者の合格プラン、中卒者の合格プラン、現役高校生(不登校)の合格プラン、合格後の進路指導および大学受験対策など、全てにおいて一人ひとりに合った個別指導を行っているのです。

高校中退の生徒の指導も行っており、
編入試験と再受験対策、高卒認定合格プランなどがあるそうです。
他にも「プロ指導コース」として、
私立中学校受験、ADHD・LD専門のプロ指導、国・公立大学受験の他、

発達障害の学習支援、幼児教育支援、英検・TOEFL・TOEICや看護師資格の対策も実施しているそうです。

家庭教師のウィングの過去問対策講座

今回は「家庭教師のウィング」の過去問対策講座について調べてみました。

家庭教師の指導は、一人ひとりに合わせた指導ができるので、
どんな指導でもできるわけですが、
家庭教師の過去問対策となると、志望校のポイントに絞った指導が可能であるとともに、その人にピッタリの志望校対策ができるのです。

同じ学校を志望している人でも、
やらなければならない対策は同じではありません。
また、時期によってもやるべきことは違うのです。

家庭教師なら、一人ひとりにカスタマイズされたカリキュラムを用意できるのです。

プロ家庭教師ウィングの過去問対策講座は、
志望校の過去問および類題を数多く扱うことで、
入試本番での得点力を上げることを目的としています。

過去問をしっかりと分析した上でしっかりとした志望校対策を行い、
入試本番での時間の使い方や問題を解く順序など実践的なアドバイスも行っているそうです。

具体的には志望校の過去問の合格最低点をクリアし、
さらにプラス20点の得点力を養成します。

過去問の出題傾向や難度を分析し、時間配分、合否を分ける問題の見極めを個別に伝授し、絶対に落とせない問題をできるようになるまで徹底的に指導します。

入試対策では、合否を分ける1問があり、
それを確実にクリアすることが重要です。

また、併願などの問題についても個別対応し、
複数の志望校対策や苦手科目に絞った指導も可能で、
一人ひとりに合わせた家庭教師指導なので、効率的な学習になるということです。

ファーストの講師育成

今回は、神奈川にある「家庭教師 ファースト」をご紹介します。

ファーストの家庭教師は、受験対策も補講も行っているそうです。
幼児から高校生まで対象の家庭教師で、幼児の場合「補習コース」なら60分月4回でも月謝は4000円です。

変な話、1時間キッズシッターを頼んでも1000円より高いですから、
この金額はかなり安い金額です。

月会費はなく交通費と月謝のみ支払う形となります。

小学校準備の場合同じ時間で7800円、お受験の場合18000円となりますので、
補習コースはお試しと考えた方が良いでしょうか。

お受験もしないというのに幼稚園の子に家庭教師を考えないでしょうから・・・

同じ指導でもプロ家庭教師の場合スタンダードプロが20000円、
アドバンスプロが24000円となっています。

さて、多くの家庭教師が在籍しているファーストですが、
どうやってこの講師を育てているのでしょうか。

家庭教師を選ぶ時は、先生一人ひとりを吟味するのも良いのですが、
会社のシステムを調べる事が重要です。

派遣会社が先生をどう選びどう育てるかによって、
先生の質が変わるのです。

まず、ファーストの講師採用基準はかなりハードルが高いそうです。

採用率は5人に1人、講師を優遇した給与体系なので、
講師が集まりやすく、その中で選ばれた先生だけを採用しているのです。

採用基準は主に指導力、人間性、使命感の3点で、
わかりやすく納得させる「指導力」、コミュニケーション能力も重要視しているそうです。

その上で良い結果を出せるようにテクニックや成績アップのノウハウを講師同士で共有し、会社でも研修や育成講習を行っているそうです。

ウィングの過去問対策

家庭教師を利用する時には、何か集中的に指導を受けたい場合に利用することをお勧めします。

塾に通うのと同じように家庭教師を利用するのも悪くはないでしょうが、
家庭教師は高額になるので、塾でも間に合うことで利用したのではもったいないですね。

さて、今回は、市進教育グループの「ウィング」の家庭教師の指導についてご紹介します。

「ウィング」では、過去問対策講座や定期テスト対策を集中的に行うコースがあります。

過去問対策は、できるまでの徹底指導で、苦手科目・弱点を克服します。

入試で重要な時間配分、合否を分ける問題の見極め、頻出問題の分析と対策で、
「+20点」を目指します。

中学受験、高校受験、大学受験とありますが、合格には志望校対策が最重要課題です。

そのため、志望校の過去問をしっかりと分析し、
対応しているそうです。

また、ウィングの過去問対策講座は志望校の過去問だけでなく、類題も多く扱うことで、
より多くの問題にあたることができるそうです。

また、1問1問問題を解く方法の他に、入試本番での時間の使い方や問題を解く順序など、実践的なアドバイスも行っているそうです、

合格点を取るために勉強するのですから、無駄な勉強は一切しなくて済むようです。

志望校の過去問で合格最低点をクリアし、さらにプラス20点の得点養成を行うということです。

対象となる学校は、中学では筑駒・麻布・開成・駒場東邦・桜蔭・女子学院・雙葉など、
公立の九段・小石川などです。

TOEIC対策

センター試験が廃止となり、2020年から始まる新テストでは、
英語は民間試験を活用するということですね。

先月、新テストの概要が発表になりましたが、
新テストでは、学習指導要領で求められている「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能が評価されるということです。
大学受験で4技能が評価されるということは、
高校でその力を身につけなければなりませんが、
また、これまでのセンター試験の代わりに大学受験のために英検やTOEICの対策をしなければなりません。

そこで、トライの家庭教師のTOEICコースについて調べてみました。
トライには様々な分野の家庭教師がいます。

勉強だけでなく楽器の演奏やゴルフを教えてくれる家庭教師までいるそうです。

トライでは、もともと英語には力を入れていて、
英会話の家庭教師もいるということですが、

TOEICが企業などで求められるようになってからは、
かなりTOEICの指導に力を入れているそうです。
このコースでは、レベル別に個々の状況に応じて家庭教師が指導するので、着実に力がつくということです。
TOEIC はこれまでのセンター試験の英語の問題とは全く違います。
問題文も説明も全て英語です。
この問題形式にまずは慣れて置かなければ良い点数は取れないでしょう。

今まで英語が得意な人でも戸惑ってしまうのが、TOEICです。

また、新テストでは複数回チャンスがあるということですが、
際限なくチャレンジできるわけではないのです。
できれば1回目で良い点数をとりたいですね。

ウィングのプロ家庭教師と学生家庭教師

今回は、市進教育グループの家庭教師をご紹介します。

市進教育グループの「ウィング」には、プロ家庭教師と学生家庭教師がいます。

レギュラーコースは、大学生の家庭教師を中心とした講師が指導にあたるということです。

レギュラーコースの講師は、全員筆記試験で教務力、面接で指導への熱意、誠実さ、コミュニケーション力などをチェックし、基準以上の場合に家庭教師登録を行っているそうです。

学校の定期試験対策や学校課題のフォロー、推薦試験対策として英検などの学習サポートといった対策ならレギュラー講師がおススメとのことです。

プロ家庭教師コースの講師は、筆記試験や面接に加え、模擬授業を実施し、指導の方法や授業での対応力をチェックし、それらのすべてで基準を満たし、十分な指導経験を持った社会人の家庭教師をプロ家庭教師として登録しているそうです。

プロ家庭教師がいる派遣センターは多いと思いますが、
学生家庭教師に対し指導を行うことで、全体的に講師の質が上がっているのです。

ウィングには、レギュラーコース、プロ家庭教師の他に医学部ハイパーウィングコースがあります。

医学部ハイパーウィングコースの講師は医学部受験の指導経験のある社会人家庭教師及び、現役市進予備校講師で、科目ごとに専門の講師が指導にあたるということです。

医学部合格には、自分の弱点に気づき、それを克服していくことが必要で、
豊富な指導経験と医学部入試に関する知識に裏打ちされた的確な指導を行っているそうです。